文珠山から嘉納山まで約2.1km(徒歩40分)の道程をご案内致します。
瀬戸内アルプス縦走におけます最初の区間である文珠山−嘉納山のルートは、他の縦走ルートと比較しても大変歩き易いので、頑張って周防大島最高峰の嘉納山頂(684.9m)を目指してください。

※文殊山−嘉納山ルートは縦走だけでなく、ちょっとしたハイキングにもお奨めの遊歩道です。


文堂堂−文珠山頂の登山を終えると、いよいよ瀬戸内アルプスの縦走が始まります。

遊歩道を進むこと約200m、車で文珠山頂へのアクセス可能な林道と交差します。

幕末の昔に作られた遊歩道沿いにある土手は、四境の役の際に攻め寄せてくる幕府軍を防ぐためのものだと伝えられています。

標識は残り1.8km、1.2km、0.8kmの3つの地点に設置され、残りの距離が短くなるにつれ大いに励みになります。(ベンチは残り0.8kmの地点に設置されています)


文珠山から40分の道程を踏破すれば嘉納山頂に到着です。
ただ困ったことに三角点が2つあり、少し先の旧日本軍砲台跡の中心にも三角点らしきものがあるため、どこが山頂なのか迷ってしまいます。

標高
684.9m(周防大島における最高峰)

史跡
旧日本軍の砲台跡

旧日本軍の砲台跡の他に、ちょっとした広場もございますので休憩やランチに最適な環境です。
透き通る青空の下、周防大島最高峰での山頂ランチを是非ともお楽しみください。(水場やトイレなどの施設はございませんのでご注意ください)

眼下には久賀の街をはじめ瀬戸内海に浮かぶ前島や浮島を一望でき、また瀬戸内アルプスの中央に位置するため文珠山、源明山、嵩山の峰々を確認することができます。

ここから源明山(げんめいざん)と嵩山(だけさん)へ縦走ルートが分岐します。

続いての縦走ルート
嘉納山から源明山へ
嘉納山から嵩山へ